スケールが大きい土木の仕事には苦労を上回る達成感がある。

鈴木 真 Makoto SUZUKI

土木部工事課
入社年/平成22年
専攻/工学部 土木工学科

鈴木 真 Makoto SUZUKI

土木部工事課 入社年/平成22年 専攻/工学部 土木工学科

大学入学前から進路は一本

大学入学前からものづくりに興味があり、「地域に貢献できるものづくり」を目指したくて土木工学科を選びました。もちろん、就職先として志望したのも建築・土木業界です。就職活動では地元の浜松や磐田を中心に企業研究を行いましたが、事業規模だけでなく、社長をはじめとする社員の人柄で印象に残ったのが中村組でした。

作業風景

工事全体に関わる「間接的なものづくり」

土木工事の現場管理・運営を担当しています。現場管理というよりも現場監督といったほうが、一般の方には通りがいいかもしれませんね。現場監督というと工事現場で一番威張っていそうな言葉の響きがありますが、そんなことはありません(笑)。むしろ、工事が滞りなく進むように関係各所への提出書類や報告書を揃えたり、必要な資材の数量を計算して発注したり、施工図を作成したりと、裏方的な業務が主になります。職人さんが工事の一部分を直接仕上げるものづくりをしているのに対して、現場管理の仕事は工事全体に関わる間接的なものづくりといえるかもしれません。大きな責任と幅広い業務内容のために忙しい仕事なのは確かですが、工事の完了時に一番達成感を味わっているのは、きっと現場管理だと自負しています。

作業風景
 

現場を任される重責とやりがい

まだ入社して数年目の私ですが、これまでに道路や橋梁など、多数の大型公共工事に関わってきました。もちろん最初は雑用係で、駐車場の整備や機材の整頓などが主な仕事。やがて測量を手伝ったり記録を作成したりと業務の範囲が広がっていき、現在では品質管理に関わる業務まで担当するようになりました。
土木現場の管理業務は、安全対策やコスト管理といった重要な部分こそ共通化された管理手法があるものの、実際に工事を進めるための図面の書き方や段取りの組み方は人によって千差万別です。しかも現場監督の裁量権が大きく、自分の仕事が工事の進捗を大きく左右します。ですから職人さんたちとのコミュニケーションを密に取り、問題は小さな芽のうちに対策することを心掛けています。
土木系の仕事は規模が大きいぶん作業する方の数も多いので、気を遣う場面は多々あります。しかし苦労を上回る達成感を何度も味わううちに、大スケールなプロジェクトだけが持つ魅力にとらわれつつありますね。

人物

忘れられない現場

入社して間もない頃に、国道1号線磐田バイパス工事に参加しました。もちろん先輩の下についての勤務でしたが、このプロジェクトで初めて計画段階から工事の完了までを体験することができました。規模の大きい工事だったこともあって、忘れられない現場になっています。書類製作など意外とデスクワークが多いことを知った職場でもありました。自分自身の知識の広がりと成長を実感できた現場だったので、今でもここを通るたびに、あの頃の熱い気持ちが懐かしく思い出されますね。

OFF TIME

小学生時代から続けているバスケットボールを、地元の仲間たちと楽しんでいます。この時間が何よりのリフレッシュですね。