“現場所長”を任される日を目指し、誇りを持って現場に立ち続ける。

鈴木 謙仁 Kento SUZUKI

建築部工事課
入社年/平成23年
専攻/工学部 都市環境学科 建築学

鈴木 謙仁 Kento SUZUKI

建築部工事課 入社年/平成23年 専攻/工学部 都市環境学科 建築学

学生時代に出会っていた「中村組」

家業が建設業だったので、子どもの頃から「建築」は身近な存在でした。大学時代には休みに現場を手伝ったりもしていて、実は当時から中村組の社員の方とも多少の交流がありました。特に大学2年から3年の時期に現場で知り合った方にとても親しみを感じて、また一緒に働きたいと強く感じたのを覚えています。いざ社会人としての進路を決めるに当たって、中村組が真っ先に思い浮かんだのは僕にとって自然なことでした。

作業風景

建物にともる灯が、苦労を消し飛ばす

現場管理の主な役割は、調整と確認です。決められた工程通りに工事が進むよう業者間の調整を行ったり、打合せ通りの工法で施工されているか、施工ミスはないかなど品質を管理したり。その他、工事の状況や建設資材の材料などを、写真によって記録に残していく業務もあります。
この仕事の醍醐味は、建物の完成という一つの目標に向って、多種多様な専門業者さんたちを取りまとめ、現場全体を動かしていくダイナミックな部分にあります。もちろんそれだけ大変さもありますが、自分の担当した建物に明かりがともって人々の活気づいた様子がうかがえると、つらいことなんかみんな消し飛んでうれしさが込み上げてきますね。ものづくり、それも地図に残るほど大きなものを作る仕事に携わっていることに誇りを持っています。
また中村組には、昔からこの地域で建設業を営んできた歴史があります。私の勤め先を知るご近所さんや知人から、「以前○○を建てた会社だよね」「今度○○で工事をするみたいだね」などと、親しく声を掛けていただくとき、先人たちが築いてきた厚い信頼を感じますね。

作業風景
 

忘れられない、初めての「一人現場」

入社3年目を迎えた時、とある病院施設の建設現場を担当しました。本館棟に併設して付属棟を建築する計画で、その管理を一から任せていただいんです。工程管理、施工図の作成、業者さんとの打合せ、段取りなど初めてのことばかりで、周囲にも迷惑を掛けてしまいましたが、現場の皆さんの協力のおかげで無事に引渡しできた時には、これまでにない達成感がありましたね。
このように現場での苦労を重ねて一人前になっていくのは現場管理には避けられない道だと感じていますが、和気あいあいとした中にも上下関係がしっかりとあり、頼れる先輩たちの存在が大きな助けになりました。しかしこの仕事は、一人で現場を任されるようになって初めて一人前という世界。そこには今まで頼ってきた上司や先輩はいません。いつか来るその日のためにも、少しでも多くの知識を学び、吸収していきたいです。

人物

一人現場の次は、大舞台へ

実は、今度1級建築施工管理技士を受検します。一次の筆記試験はもう終わったので、次は実地試験です。大きな現場の管理を任されるには、1級建築施工管理技士は絶対に必要な国家資格です。ほかにも、一級建築士の資格にもチャレンジして早く取得したいですね。会社が受検をサポートしてくれていますので、早く合格して恩返ししたいですね。

OFF TIME

家にじっとしていられないので、休日は外出していることがほとんど。ドライブが好きなので、遠出して楽しんでいます。