周囲から学びつつ、自分の流儀をつくる。
それが「頼れる現場監督」への道。

高村 弘毅 Hiroki TAKAMURA

建築部工事課
入社年/平成20年
専攻/工学部 建築学科

高村 弘毅 Hiroki TAKAMURA

建築部工事課 入社年/平成20年 専攻/工学部 建築学科

使う人の満足が見えやすい、建物建築を担当

これまで、老人ホームや保育園、マンションなどの新築工事を中心に現場管理をしてきました。建築工事は、発注されるお客様自身が居住されたり利用されたりする場合が多く、完成を喜ぶ顔を見られる仕事です。反面、それだけ品質に対する要求も厳しいですから、人の財産や命を預かる仕事であることを忘れずに、常に気を引き締めて取り組んでいます。

作業風景

あらゆるサポートで、工事を安全確実に進捗させる

現場管理は、立場上たくさんの職人さんを束ねる仕事です。私としては作業が予定通りスムーズに進むよう、工事の進捗に合わせてさまざまなスケジュールを調整し、資材や機材の段取りを行い、現場の隅々まで気を回して職人さんが気持ちよく働ける環境をつくるのが務めだと考えていますが、指示を出す以上はリーダーとしての振る舞いも必要になります。そんなときに肝に銘じているのが、上から目線にならないよう謙虚な気持ちを持つこと。現場は年齢も経験も上の方々が多いので、立場を笠に着ることなく教えてもらう姿勢を忘れないことが、自分の成長にもつながり、また工事の進捗にもいい影響を与えると考えています。
そして何より現場監督の一番大切な使命は、絶対に事故を起こさないこと。現場の整理整頓はもちろんですが、無理な工程というものも潜在的なリスクになり得ますので、無駄のない計画と確実な進捗管理で、現場に負担をかけないことを常に心掛けています。

作業風景
 

失敗を責めても、人を責めず

中村組には、若手がチャレンジした結果として失敗することを、否定的に捉えない文化があります。失敗がすぐに「余計な時間とコスト」として跳ね返ってくるのが、現場管理という仕事。それだけで本人は十分に責任を感じていますから、それを成長の糧にして、同じ失敗を繰り返さなければ良いじゃないか、ということです。失敗を責めても人は責めない、そんな度量の大きい会社と先輩に出会えたことが、私にとって一番の幸せでした。
現在は私も後輩と一緒に現場を担当する機会が増えてきましたので、この中村組ならではの教育システムを受け継いで、後輩たちの成長を後押ししていきたいと考えています。それが育ててくれた先輩たちへの恩返しですね。

作業風景
人物

自分の仕事スタイルを築く

現場管理には、いわゆるマニュアルや正統な手法といったものはありません。建物の規模や職人さんの人数、内外装の仕上げの違いといったささいなことでも、作業の手順は変わってきます。しかし周囲から学びつつ自分ならではの手法を築いていくからこそ、どんな現場にも対応できる力を得られるのだと思います。今はとにかくさまざまな現場で経験を積んで、より確実に建物を造ることに夢中になっています。

OFF TIME

学生時代は週6でハマッていたサーフィンも、子どもが生まれてからは封印。平日が忙しい分、一緒の時間を大切にしています。