ホーム > 採用情報 > 仕事を知る > プロジェクトストーリー > 国道1号浜名大橋橋梁補修工事

02:国道1号浜名大橋橋梁補修工事

海上30mの現場で引き継がれる中村組のチャレンジングスピリット

浜名湖の河口を大きく跨ぐ「浜名大橋」。北に浜名湖、南に太平洋を望み、絶景ポイントとしても名高い国内有数のコンクリート橋だ。その浜名大橋を通行する車窓からは絶対に見えない場所で、誰も経験したことのない難工事に立ち向かった男たちがいた。

工事概要
[工事名] 国道1号浜名大橋橋梁補修工事
[工期] 2016年9月30日〜2018年1月31日
[概要] 橋梁保全工事
[内容] ひび割れ補修工,断面修復工,表面被覆工,排水管補修工,支承補修工,上部工補修工,下部工補修工,足場工他

Profile

丸山 智紀

丸山 智紀(監理技術者/統括安全衛生責任者)

2007年、中村組に入社。安全も技術も積み重ねていくものという強い信念を持っている。本プロジェクトのリーダー。

福與 弘樹

福與 弘樹(現場代理人)

2010年の入社以来、常に異なるジャンルの現場を歴任してきたゼネラリスト。サブリーダーとして主に現場を担当。

諸井 優樹

諸井 優樹(現場管理)

本プロジェクト時は入社2年目だった、2015年組。工事が着工したタイミングで合流し、現場管理として福與を助けた。

社内経験者ゼロ。国内最大級のコンクリート橋に挑め

「高いな」「高いですね」
2016年、9月。晴天に白く輝く浜名大橋のたもとに立った丸山と福與は、どちらからともなくつぶやいた。「浜名大橋橋梁補修工事」プロジェクトの作業所長と、その右腕である現場代理人を務めるふたりである。その額には玉のような汗が浮かんでいたが、それは残暑のためだけではなかった。

今、日本の各地で社会資本の維持・管理が課題となっている。2020年の第2回東京オリンピックに向けて建設業界は活況を迎えているが、その一方で第1回東京オリンピックの前後に作られた施設が一斉に老朽化し、早急な点検・補修の必要が生じているからだ。竣工から約40年を経た浜名大橋も、事前調査で「緊急性はないが、20年、30年以上先を見据えると補修工事が望ましい」という報告がなされており、長期的な観点から補修工事が行われることになったのである。

丸山:「橋梁の補修工事自体は、それほど難しい工事ではありません」

そう語る丸山は、ちょうど別の現場で5つの橋を同時並行で補修するという工事を終わらせたばかりだった。

丸山:「コンクリートの表面にできたクラックやはがれを補修材で埋めたり、傷んだ排水管を補修していくというもので、技術的なハードルはむしろ低いといっていいでしょう」

ただし、浜名大橋は全長630mを超えるコンクリート橋だ。最高地点は海面から35mと、10階建ての高層マンションに匹敵する。しかも中間地点は海上を跨いでおり、地上からはアクセスできない。中村組全体を見渡しても、これほど特殊な現場で工事を行った経験を持つ者はいなかった。

丸山:「その直前の現場で、いかに安全で作業効率の優れた架設足場をつくるかが、橋梁工事の成否を決める最大のポイントであることはわかっていました。しかし、この巨大な橋にどうやって足場を組んでいこうか、現地に立っても具体的なイメージがわかない。これまでの経験では通用しない現場だということを直感しましたね」

その隣では、福與も同じ思いで橋を見つめていた。

福與:「武者震いといえば聞こえはいいですが、初めて現場を視察した時はこれまでにない緊張の高まりを感じました。橋としては未経験の高所作業になる上、冬になったらいわゆるからっ風の直撃を受けることが想像できます。これは一筋縄ではいかないな、と思いましたね」

4カ月を費やした、徹底的な事前準備

「浜名大橋補修工事」は公共事業なので、入札時に大まかな施工計画が立案されていた。その計画では、浜名大橋を東西それぞれの陸上区間と、中央の海上区間の3区間に分割し、陸上区間は高所作業車で、海上区間はモノレールに似た移動式足場で作業環境を確保することになっていた。ただし、その計画は綿密な現場調査に基づいたものではないため、さらに精度を高める必要がある。そこでふたりはまず現地の現場条件を把握し、当初の計画と照らし合わせるために綿密な調査を開始した。

丸山:「その調査でわかったのは、まず、補修が必要な箇所が当初の見立てよりかなり多いということ。これだけ数があると、自由に動かせない高所作業車では非効率です」

また、福與が心配していた風の問題に加え、河原という地盤も高所作業車には不向きだった。もし高所作業車を使うなら、国内でも数台しかない40m級の大型車を使う必要がある。

「基本的には、自分で確かめたものでないと信用できない」と語る丸山は一旦作業計画を白紙に戻し、あらゆる仮設足場の情報を集め始めた。間近でその姿を見ていた福與は、丸山の調査の綿密さに舌を巻いたという。

福與:「メーカーが『これはこういう仕組みだから安全』といっても、目で見て触れてみるまでは納得しないんです。中央区間で使う移動式足場も大変珍しく、社内で使用した経験がなかったため、愛媛県にあるメーカーまで視察に行きました」

メーカーには小規模ながらデモンストレーション用の設備があり、実際に足場に乗りこんで動かすこともできた。しかし、それでも丸山は腑に落ちなかったという。海風にさらされる高さ30mの現場ではなかったからだ。

丸山:「本音を言えば、初めての現場で初めての工法は採用したくない。しかし、考えられる限りの方法を模索した結果、それが現状でベストな方法であるという確信は持てたので良かったかなと」

ただ、それで良しとしないのが丸山流だ。未知の工法がベストであるなら、作業手順を徹底的に検討し、見直すべきは見直し、予想されるトラブル全ての対策を立てることで、未知のエリアを極力減らす。特に安全に関わる部分は一切の妥協を許さず、足場の強度検討や風速計の設置といった環境面の整備から、人員や資材の落下を未然に防ぐルールの整備まで、福與とともに徹底的な洗い出しを行っていった。

こうして、陸上区間は高所作業車ではなくクイックデッキという吊り足場を、海上区間は当初の予定通り移動式足場を使う計画が固まった。作業計画の検討に費やした期間は、実に4カ月。当然、工期や予算にも変更は生じたが、丸山の緻密な検討プロセスがそのまま強力な説得材料となって、発注者の理解を得ることができた。そして福與のサポートとして3人目の登場人物である諸井も加わって、ブロジェクトはついに着工の日を迎えたのである。

  • 1
  • 2
  • 1
  • 2