ホーム > 採用情報 > 仕事を知る > 総合建設業とは

総合建設業とは

総合建設業とはイメージ

一口に建設会社といっても、工事内容の違いなどからさまざまな業種がありますが、私たち中村組は「総合建設業」としての事業を展開しています。総合建設業とは、建築・土木工事を一式で発注者から元請として直接請負い、工事全体のとりまとめを行う建設会社のことです。英語で表すとGeneral Constructor、略してゼネコンなどとも呼ばれています。

建設業の種類

建設業法では、工事を28種類に分類していますが、このうち土木一式工事または建築一式工事をまとめて請け負うものを、「総合建設業者」といい、大工工事、左官工事などの専門工事を請け負うものを「専門工事業者」といいます。

建設業法による工事分類

一式工事(2種類)

  • 土木一式工事
  • 建築一式工事

専門工事(26種類)

  • 大工工事
  • 左官工事
  • とび・土工・コンクリート工事
  • 石工事
  • 屋根工事
  • タイル・れんが・ブロック工事
  • 電気工事
  • 管工事
  • 鋼構造物工事
  • 鉄筋工事
  • ほ装工事
  • しゅんせつ工事
  • 板金工事
  • ガラス工事
  • 塗装工事
  • 防水工事
  • 内装仕上工事
  • 機械器具設置工事
  • 熱絶縁工事
  • 電気通信工事
  • 造園工事
  • さく井工事
  • 建具工事
  • 水道施設工事
  • 消防施設工事
  • 清掃施設工事

総合建設業の仕事

プロジェクトのトータルプロデュース

私たち総合建設会社が手掛けるのは、病院や学校、マンション、公園、道路、橋など高度な技術が求められる工事。専門技術にたけたチームを集め、プロジェクトのリーダーとして互いの折衝やスケジュール調整を行い、完成までの責任を負うのが私たちの役割です。

総合建設業の仕事

現場の総合マネジメント

総合建設業で働く私たちの仕事は、自らハンマーを持ったり、足場を組み立てたり、工事車両を操縦したりすることではありません。建設の現場では、施工計画や品質管理、工程管理、安全管理、原価管理、発注者との折衝など工事の総合的なマネジメント業務に従事しています。

総合建設業の仕事

プロフェッショナルチームの総合力

総合建設会社では、営業、積算、調達、設計、施工管理など、さまざまな役割の人が働いています。それぞれの担当者が連携し力を合わせて、工事を完成させていきます。

総合建設業の仕事
総合建設業の仕事

私たちの役割

社会基盤の整備

安全で便利な暮らしに必要な社会基盤を整備しています。

道路

道路

下水道

下水道

鉄道

鉄道

豊かな生活空間の創造

生活をより豊かに、快適にする空間を手掛けています。

学校

学校

店舗

店舗

住宅

住宅

自然災害への備え

地震などの災害に対する対策を行っています。
また、災害にあったときの復旧活動も重要な役割です。

免震装置

免震装置

災害復興住宅

災害復興住宅

自然災害出動

自然災害出動